万葉集 第3巻 471番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻471番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 471番歌

第3巻
歌番号471番歌
作者大伴家持
題詞(悲緒未息更作歌五首)
原文離家 伊麻須吾妹乎 停不得 山隠都礼 情神毛奈思
訓読家離りいます我妹を留めかね山隠しつれ心どもなし
かないへざかり いますわぎもを とどめかね やまかくしつれ こころどもなし
英語(ローマ字)IHEZAKARI IMASUWAGIMOWO TODOMEKANE YAMAKAKUSHITSURE KOKORODOMONASHI
家を旅立つ妻を留めることが出来ないで、死なせてしまった、ああ。
左注
校異
用語挽歌、作者:大伴家持、亡妻挽歌、天平11年6月、年紀、悲嘆
タイトルとURLをコピーしました