万葉集 第3巻 470番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻470番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 470番歌

第3巻
歌番号470番歌
作者大伴家持
題詞悲緒未息更作歌五首
原文如是耳 有家留物乎 妹毛吾毛 如千歳 憑有来
訓読かくのみにありけるものを妹も我れも千年のごとく頼みたりけり
かなかくのみに ありけるものを いももあれも ちとせのごとく たのみたりけり
英語(ローマ字)KAKUNOMINI ARIKERUMONOWO IMOMOAREMO CHITOSENOGOTOKU TANOMITARIKERI
死別になる定めにあったのに彼女も私も千年も続くと頼りにしてた。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、作者:大伴家持、亡妻挽歌、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました