万葉集 第3巻 294番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻294番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 294番歌

第3巻
歌番号 294番歌
作者 角麻呂
題詞 (角麻呂歌四首)
原文 風乎疾 奥津白波 高有之 海人釣船 濱眷奴
訓読 風をいたみ沖つ白波高からし海人の釣舟浜に帰りぬ
かな かぜをいたみ おきつしらなみ たかからし あまのつりぶね はまにかへりぬ
英語(ローマ字) KAZEWOITAMI OKITSUSHIRANAMI TAKAKARASHI AMANOTSURIBUNE HAMANIKAHERINU
風が激しくなってきたので、沖の白波が高くなってきたのだろう。沖にでていた漁師の釣り舟がみな浜に戻ってきた。
左注
校異
用語 雑歌、作者:角麻呂、羈旅、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました