万葉集 第3巻 377番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻377番歌はこちらにまとめました。

第3巻 377番歌

第3巻
歌番号 377番歌
作者 湯原王
題詞 (湯原王宴席歌二首)
原文 青山之 嶺乃白雲 朝尓食尓 恒見杼毛 目頬四吾君
訓読 青山の嶺の白雲朝に日に常に見れどもめづらし我が君
かな あをやまの みねのしらくも あさにけに つねにみれども めづらしあがきみ
英語(ローマ字) AWOYAMANO MINENOSHIRAKUMO ASANIKENI TSUNENIMIREDOMO MEDURASHIAGAKIMI
青い山の嶺にかかっている白雲のように、朝から夕方まで、いつも見慣れている彼女だけれど、可愛く、美しいだろ。なあ君。
左注
校異
用語 雑歌、作者:湯原王、宴席
タイトルとURLをコピーしました