万葉集 第3巻 434番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻434番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 434番歌

第3巻
歌番号434番歌
作者河辺宮人
題詞和銅四年辛亥河邊宮人見姫嶋松原美人屍哀慟作歌四首
原文加<座>e夜能 美保乃浦廻之 白管仕 見十方不怜 無人念者 [或云 見者悲霜 無人思丹]
訓読風早の美穂の浦廻の白つつじ見れども寂しなき人思へば [或云 見れば悲しもなき人思ふに]
かなかざはやの みほのうらみの しらつつじ みれどもさぶし なきひとおもへば [みればかなしも なきひとおもふに]
英語(ローマ字)KAZAHAYANO MIHONOURAMINO SHIRATSUTSUJI MIREDOMOSABUSHI NAKIHITOOMOHEBA [MIREBAKANASHIMO NAKIHITOOMOFUNI]
風の激しい美穗の浦に咲く白つつじを見るにつけ寂しい。死んだ彼女が思われて。
左注(右案 年紀并所處<及>娘子屍作<歌>人名已見上也 但<歌>辞相違是非難別 因以累載於茲次焉)
校異歌 [西] 謌 / 麻 座 [万葉集略解]
用語挽歌、和銅4年、年紀、作者:河辺宮人、行路死人、大阪、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました