万葉集 第3巻 435番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻435番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 435番歌

第3巻
歌番号435番歌
作者河辺宮人
題詞(和銅四年辛亥河邊宮人見姫嶋松原美人屍哀慟作歌四首)
原文見津見津四 久米能若子我 伊觸家武 礒之草根乃 干巻惜裳
訓読みつみつし久米の若子がい触れけむ礒の草根の枯れまく惜しも
かなみつみつし くめのわくごが いふれけむ いそのくさねの かれまくをしも
英語(ローマ字)MITSUMITSUSHI KUMENOWAKUGOGA IFUREKEMU ISONOKUSANENO KAREMAKUWOSHIMO
みずみずしかった若子が触れた磯の草根が枯れていくのは惜しい。
左注(右案 年紀并所處<及>娘子屍作<歌>人名已見上也 但<歌>辞相違是非難別 因以累載於茲次焉)
校異
用語挽歌、和銅4年、年紀、作者:河辺宮人、行路死人、大阪、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました