万葉集 第3巻 464番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻464番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 464番歌

第3巻
歌番号464番歌
作者大伴家持
題詞又家持見砌上瞿麦花作歌一首
原文秋去者 見乍思跡 妹之殖之 屋前乃石竹 開家流香聞
訓読秋さらば見つつ偲へと妹が植ゑしやどのなでしこ咲きにけるかも
かなあきさらば みつつしのへと いもがうゑし やどのなでしこ さきにけるかも
英語(ローマ字)AKISARABA MITSUTSUSHINOHETO IMOGAUゑSHI YADONONADESHIKO SAKINIKERUKAMO
秋になったらごらんになって下さいと彼女が植えた庭のナデシコの花が咲いてきたよ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、作者:大伴家持、亡妻挽歌、植物、天平11年6月、年紀
タイトルとURLをコピーしました