万葉集 第3巻 427番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻427番歌はこちらにまとめました。

第3巻 427番歌

第3巻
歌番号 427番歌
作者 刑部垂麻呂
題詞 田口廣麻呂死之時刑部垂麻呂作歌一首
原文 百不足 八十隅坂尓 手向為者 過去人尓 盖相牟鴨
訓読 百足らず八十隈坂に手向けせば過ぎにし人にけだし逢はむかも
かな ももたらず やそくまさかに たむけせば すぎにしひとに けだしあはむかも
英語(ローマ字) MOMOTARAZU YASOKUMASAKANI TAMUKESEBA SUGINISHIHITONI KEDASHIAHAMUKAMO
山のあちこちに鎮座する神様に花等を手向ければ、あの世にいった人にもしや会えるかも。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 挽歌、作者:刑部垂麻呂、田口広麻呂、枕詞
タイトルとURLをコピーしました