万葉集 第3巻 287番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻287番歌はこちらにまとめました。

第3巻 287番歌

第3巻
歌番号 287番歌
作者 石上卿
題詞 幸志賀時石上卿作歌一首 [名闕]
原文 此間為而 家八方何處 白雲乃 棚引山乎 超而来二家里
訓読 ここにして家やもいづく白雲のたなびく山を越えて来にけり
かな ここにして いへやもいづく しらくもの たなびくやまを こえてきにけり
英語(ローマ字) KOKONISHITE IHEYAMOIDUKU SHIRAKUMONO TANABIKUYAMAWO KOETEKINIKERI
ここに立ってみると、ああ、わが家はどちらの方向にあたるのだろう。白雲がたなびく山を越えてここまでやってきた。
左注
校異
用語 雑歌、作者:石上卿、羈旅、行幸、従駕、望郷、滋賀、地名
タイトルとURLをコピーしました