万葉集 第3巻 327番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻327番歌はこちらにまとめました。

第3巻 327番歌

第3巻
歌番号 327番歌
作者 作者不詳(娘子)
題詞 或娘子等<贈>L乾鰒戯請通觀僧之咒願時通觀作歌一首
原文 海若之 奥尓持行而 雖放 宇礼牟曽此之 将死還生
訓読 海神の沖に持ち行きて放つともうれむぞこれがよみがへりなむ
かな わたつみの おきにもちゆきて はなつとも うれむぞこれが よみがへりなむ
英語(ローマ字) WATATSUMINO OKINIMOCHIYUKITE HANATSUTOMO UREMUZOKOREGA YOMIGAHERINAMU
海の沖に干しアワビをもっていって放っても、結局はこれが甦ることなどありましょうか。
左注
校異 賜 贈 [紀] / 歌 [西] 謌
用語 雑歌、作者:娘子、通観、奈良都、地名、諧謔
タイトルとURLをコピーしました