万葉集 第3巻 398番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻398番歌はこちらにまとめました。

第3巻 398番歌

第3巻
歌番号 398番歌
作者 藤原八束
題詞 藤原朝臣八束梅歌二首 [八束後名真楯 房前第<三>子]
原文 妹家尓 開有梅之 何時毛々々々 将成時尓 事者将定
訓読 妹が家に咲きたる梅のいつもいつもなりなむ時に事は定めむ
かな いもがいへに さきたるうめの いつもいつも なりなむときに ことはさだめむ
英語(ローマ字) IMOGAIHENI SAKITARUUMENO ITSUMOITSUMO NARINAMUTOKINI KOTOHASADAMEMU
彼女の家に咲いている梅の花が、いつでも、いつなりと実をつける時に、妻にすることにしましょう。
左注
校異 歌 [西] 謌 / 二 三 [矢][京]
用語 譬喩歌、作者:藤原八束、真楯、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました