万葉集 第3巻 274番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻274番歌はこちらにまとめました。

第3巻 274番歌

第3巻
歌番号274番歌
作者高市黒人
題詞(高市連黒人覊旅歌八首)
原文吾船者 枚乃湖尓 榜将泊 奥部莫避 左夜深去来
訓読我が舟は比良の港に漕ぎ泊てむ沖へな離りさ夜更けにけり
かなわがふねは ひらのみなとに こぎはてむ おきへなさかり さよふけにけり
英語(ローマ字)WAGAFUNEHA HIRANOMINATONI KOGIHATEMU OKIHENASAKARI SAYOFUKENIKERI
我が舟は比良の港で停泊することになろう。沖の方へ流されないように願う。夜も更けてきた。
左注
校異
用語雑歌、作者:高市黒人、羈旅、琵琶湖、滋賀、地名
タイトルとURLをコピーしました