万葉集 第3巻 307番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻307番歌はこちらにまとめました。

第3巻 307番歌

第3巻
歌番号 307番歌
作者 博通法師
題詞 博通法師徃紀伊國見三穂石室作歌三首
原文 皮為酢寸 久米能若子我 伊座家留 [一云 家牟] 三穂乃石室者 雖見不飽鴨 [一云 安礼尓家留可毛]
訓読 はだ薄久米の若子がいましける [一云 けむ] 三穂の石室は見れど飽かぬかも[一云 荒れにけるかも]
かな はだすすき くめのわくごが いましける [けむ] みほのいはやは みれどあかぬかも [あれにけるかも]
英語(ローマ字) HADASUSUKI KUMENOWAKUGOGA IMASHIKERU [KEMU] MIHONOIHAYAHA MIREDOAKANUKAMO [ARENIKERUKAMO]
久米の若様がいらっしゃる([一云「という」)三穂の石室(いわや)は見ても見ても見飽きることがない(一云「荒れてしまったなあ」)。
左注
校異
用語 雑歌、作者:博通法師、羈旅、土地讃美、和歌山、枕詞、地名
タイトルとURLをコピーしました