万葉集 第3巻 482番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻482番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 482番歌

第3巻
歌番号482番歌
作者高橋虫麻呂(高橋)
題詞(悲傷死妻高橋朝臣作歌一首[并短歌])反歌
原文打背見乃 世之事尓在者 外尓見之 山矣耶今者 因香跡思波牟
訓読うつせみの世のことにあれば外に見し山をや今はよすかと思はむ
かなうつせみの よのことにあれば よそにみし やまをやいまは よすかとおもはむ
英語(ローマ字)UTSUSEMINO YONOKOTONIAREBA YOSONIMISHI YAMAWOYAIMAHA YOSUKATOOMOHAMU
無常は世の定めと思ってこれまで無関係と思っていた山だったが、今では妻が眠る山。これからは心のよりどころと思うであろう。
左注(右三首七月廿日高橋朝臣作歌也 名字未審 但云奉膳之男子焉)
校異歌 [西] 謌
用語挽歌、作者:高橋、古老、老麻呂、亡妻挽歌、天平16年7月20日、年紀
タイトルとURLをコピーしました