万葉集 第3巻 379番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻379番歌はこちらにまとめました。

第3巻 379番歌

第3巻
歌番号 379番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女祭神歌一首[并短歌]
原文 久堅之 天原従 生来 神之命 奥山乃 賢木之枝尓 白香付 木綿取付而 齊戸乎 忌穿居 竹玉乎 繁尓貫垂 十六自物 膝折伏 手弱女之 押日取懸 如此谷裳 吾者<祈>奈牟 君尓不相可聞
訓読 ひさかたの 天の原より 生れ来る 神の命 奥山の 賢木の枝に しらか付け 木綿取り付けて 斎瓮を 斎ひ掘り据ゑ 竹玉を 繁に貫き垂れ 獣じもの 膝折り伏して たわや女の 襲取り懸け かくだにも 我れは祈ひなむ 君に逢はじかも
かな ひさかたの あまのはらより あれきたる かみのみこと おくやまの さかきのえだに しらかつけ ゆふとりつけて いはひへを いはひほりすゑ たかたまを しじにぬきたれ ししじもの ひざをりふして たわやめの おすひとりかけ かくだにも あれはこひなむ きみにあはじかも
英語(ローマ字) HISAKATANO AMANOHARAYORI AREKITARU KAMINOMIKOTO OKUYAMANO SAKAKINOEDANI SHIRAKATSUKE YUFUTORITSUKETE IHAHIHEWO IHAHIHORISUゑ TAKATAMAWO SHIJININUKITARE SHISHIJIMONO HIZAWORIFUSHITE TAWAYAMENO OSUHITORIKAKE KAKUDANIMO AREHAKOHINAMU KIMINIAHAJIKAMO
遠く天の原から生まれ出た神々。奥山から取ってきた賢木の枝に白香や木綿を取り付けて かめを土を掘って据え付け、さらに竹玉を連ねて垂らす。私は獣のように膝を折って伏せ、たわや女なので薄衣を羽織り、こんなにまでして祈っています。あなた様に逢えないかと思って。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(右書)] 歌 / 短歌 [西] 短謌 / 折 祈 [紀]
用語 雑歌、作者:坂上郎女、奈良、神祭、枕詞、恋情、地名
タイトルとURLをコピーしました