万葉集 第3巻 273番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻273番歌はこちらにまとめました。

第3巻 273番歌

第3巻
歌番号 273番歌
作者 高市黒人
題詞 (高市連黒人覊旅歌八首)
原文 礒前 榜手廻行者 近江海 八十之湊尓 鵠佐波二鳴 [未詳]
訓読 磯の崎漕ぎ廻み行けば近江の海八十の港に鶴さはに鳴く [未詳]
かな いそのさき こぎたみゆけば あふみのうみ やそのみなとに たづさはになく
英語(ローマ字) ISONOSAKI KOGITAMIYUKEBA AFUMINOUMI YASONOMINATONI TADUSAHANINAKU
磯辺を漕ぎめぐってゆくと、琵琶湖の数多い港、港に鶴が群れていて、鳴いている。
左注
校異 未詳 [類][紀](塙) <>
用語 雑歌、作者:高市黒人、羈旅、琵琶湖、滋賀、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました