万葉集 第3巻 241番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻241番歌はこちらにまとめました。

第3巻 241番歌

第3巻
歌番号 241番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (長皇子遊猟路池之時柿本朝臣人麻呂作歌一首[并短歌])或本反歌一首
原文 皇者 神尓之坐者 真木<乃>立 荒山中尓 海成可聞
訓読 大君は神にしませば真木の立つ荒山中に海を成すかも
かな おほきみは かみにしませば まきのたつ あらやまなかに うみをなすかも
英語(ローマ字) OHOKIMIHA KAMINISHIMASEBA MAKINOTATSU ARAYAMANAKANI UMIWONASUKAMO
大君は神でいらっしゃるから、荒れた山中も立派な木々が立つ海のようにされてしまいます。
左注
校異 乃 之 [類][古][紀]
用語 雑歌、作者:柿本人麻呂、長皇子、現人神、大君讃美、猟、異伝
タイトルとURLをコピーしました