万葉集 第3巻 242番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻242番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 242番歌

第3巻
歌番号242番歌
作者弓削皇子
題詞弓削皇子遊吉野時御歌一首
原文瀧上之 三船乃山尓 居雲乃 常将有等 和我不念久尓
訓読滝の上の三船の山に居る雲の常にあらむと我が思はなくに
かなたきのうへの みふねのやまに ゐるくもの つねにあらむと わがおもはなくに
英語(ローマ字)TAKINOUHENO MIFUNENOYAMANI ゐRUKUMONO TSUNENIARAMUTO WAGAOMOHANAKUNI
滝の上高く、三船の山に雲がかかっている。その雲のようにいつもここにいられると思っているわけではないのに。
左注
校異
用語雑歌、作者:弓削皇子、吉野、地名、不安
タイトルとURLをコピーしました