万葉集 第3巻 374番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻374番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 374番歌

第3巻
歌番号 374番歌
作者 石上乙麻呂
題詞 石上乙麻呂朝臣歌一首
原文 雨零者 将盖跡念有 笠乃山 人尓莫令盖 霑者漬跡裳
訓読 雨降らば着むと思へる笠の山人にな着せそ濡れは漬つとも
かな あめふらば きむとおもへる かさのやま ひとになきせそ ぬれはひつとも
英語(ローマ字) AMEFURABA KIMUTOOMOHERU KASANOYAMA HITONINAKISESO NUREHAHITSUTOMO
笠の山は大きな傘のような神聖な山だ。雨が降ったら私たち人間がびしょ濡れになろうともそのまま聳えている。
左注
校異
用語 雑歌、作者:石上乙麻呂、三笠山、桜井市笠、地名
タイトルとURLをコピーしました