万葉集 第3巻 373番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻373番歌はこちらにまとめました。

第3巻 373番歌

第3巻
歌番号 373番歌
作者 山部赤人
題詞 (山部宿祢赤人登春日野作歌一首[并短歌])反歌
原文 高按之 三笠乃山尓 鳴<鳥>之 止者継流 <戀>哭為鴨
訓読 高座の御笠の山に鳴く鳥の止めば継がるる恋もするかも
かな たかくらの みかさのやまに なくとりの やめばつがるる こひもするかも
英語(ローマ字) TAKAKURANO MIKASANOYAMANI NAKUTORINO YAMEBATSUGARURU KOHIMOSURUKAMO
御笠の山に鳴く鳥が、鳴き止んだかと思うとまた鳴き始める、そんな恋を私はしている。
左注
校異 歌 [西] 謌 / <> 鳥 [西(右書)][類][温] / <> 戀 [西(右書)][類][紀]
用語 雑歌、作者:山部赤人、春日野、奈良、野遊び、恋情、動物、序詞、地名
タイトルとURLをコピーしました