万葉集 第3巻 272番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻272番歌はこちらにまとめました。

第3巻 272番歌

第3巻
歌番号 272番歌
作者 高市黒人
題詞 (高市連黒人覊旅歌八首)
原文 四極山 打越見者 笠縫之 嶋榜隠 棚無小舟
訓読 四極山うち越え見れば笠縫の島漕ぎ隠る棚なし小舟
かな しはつやま うちこえみれば かさぬひの しまこぎかくる たななしをぶね
英語(ローマ字) SHIHATSUYAMA UCHIKOEMIREBA KASANUHINO SHIMAKOGIKAKURU TANANASHIWOBUNE
四極山を越えた向こうを見ると、笠縫の島を漕いでいく小舟がまさに島陰に隠れようとしている。
左注
校異
用語 雑歌、作者:高市黒人、羈旅、大阪、地名
タイトルとURLをコピーしました