万葉集 第3巻 243番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻243番歌はこちらにまとめました。

第3巻 243番歌

第3巻
歌番号 243番歌
作者 春日王
題詞 (弓削皇子遊吉野時御歌一首)春日王奉和歌一首
原文 王者 千歳<二>麻佐武 白雲毛 三船乃山尓 絶日安良米也
訓読 大君は千年に座さむ白雲も三船の山に絶ゆる日あらめや
かな おほきみは ちとせにまさむ しらくもも みふねのやまに たゆるひあらめや
英語(ローマ字) OHOKIMIHA CHITOSENIMASAMU SHIRAKUMOMO MIFUNENOYAMANI TAYURUHIARAMEYA
大君は末長くおいでです。三船山にはいつも白雲がかかっていますが、その雲が絶えるなんてことがありましょうか。
左注
校異 尓 二 [類][古][紀]
用語 雑歌、作者:春日王、弓削皇子、吉野、地名
タイトルとURLをコピーしました