万葉集 第3巻 346番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻346番歌はこちらにまとめました。

第3巻 346番歌

第3巻
歌番号 346番歌
作者 大伴旅人
題詞 (<大>宰帥大伴卿讃酒歌十三首)
原文 夜光 玉跡言十方 酒飲而 情乎遣尓 豈若目八方
訓読 夜光る玉といふとも酒飲みて心を遣るにあにしかめやも
かな よるひかる たまといふとも さけのみて こころをやるに あにしかめやも
英語(ローマ字) YORUHIKARU TAMATOIFUTOMO SAKENOMITE KOKOROWOYARUNI ANISHIKAMEYAMO
どんなに貴重な夜光玉でも、憂さを晴らすに酒にかなうものはない。
左注
校異
用語 雑歌、作者:大伴旅人、讃酒、太宰府、奈良、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました