万葉集 第3巻 316番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻316番歌はこちらにまとめました。

第3巻 316番歌

第3巻
歌番号 316番歌
作者 大伴旅人
題詞 (暮春之月幸芳野離宮時中納言大伴卿奉勅作歌一首并短歌 [未逕奏上歌])反歌
原文 昔見之 象乃小河乎 今見者 弥清 成尓来鴨
訓読 昔見し象の小川を今見ればいよよさやけくなりにけるかも
かな むかしみし きさのをがはを いまみれば いよよさやけく なりにけるかも
英語(ローマ字) MUKASHIMISHI KISANOWOGAHAWO IMAMIREBA IYOYOSAYAKEKU NARINIKERUKAMO
昔見た象の小川を今見ると、いよいよ清らかになっていることよ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:大伴旅人、吉野、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました