万葉集 第3巻 419番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻419番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 419番歌

第3巻
歌番号419番歌
作者手持女王
題詞(河内王葬豊前國鏡山之時手持女王作歌三首)
原文石戸破 手力毛欲得 手弱寸 女有者 為便乃不知苦
訓読岩戸破る手力もがも手弱き女にしあればすべの知らなく
かないはとわる たぢからもがも たよわき をみなにしあれば すべのしらなく
英語(ローマ字)IHATOWARU TADIKARAMOGAMO TAYOWAKI WOMINANISHIAREBA SUBENOSHIRANAKU
岩戸を破る力がほしい。私は手弱き女の身、どうしていいか分からない。
左注
校異
用語挽歌、河内王、作者:手持女王、悲嘆
スポンサーリンク

解説

題詞は417番歌から。

前歌(418番歌)に続いてこの歌も「天照大神の岩戸」の話の比喩と思われる。「手力もがも」は「(岩戸を破るほどの)力があったなら」という願望。

タイトルとURLをコピーしました