万葉集 第3巻 368番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻368番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 368番歌

第3巻
歌番号368番歌
作者石上乙麻呂
題詞石上大夫歌一首
原文大船二 真梶繁貫 大王之 御命恐 礒廻為鴨
訓読大船に真楫しじ貫き大君の命畏み磯廻するかも
かなおほぶねに まかぢしじぬき おほきみの みことかしこみ いそみするかも
英語(ローマ字)OHOBUNENI MAKADISHIJINUKI OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI ISOMISURUKAMO
大船に多くの梶を取り付け、朝廷の命を受けてやってきた官人を案内して磯巡りをする。
左注右今案 石上朝臣乙麻呂任越前國守盖此大夫歟
校異
用語雑歌、作者:石上乙麻呂、越前、福井、羈旅
タイトルとURLをコピーしました