万葉集 第3巻 371番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻371番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 371番歌

第3巻
歌番号371番歌
作者門部王
題詞出雲守門部王思京歌一首 [後賜大原真人氏也]
原文飫海乃 河原之乳鳥 汝鳴者 吾佐保河乃 所念國
訓読意宇の海の河原の千鳥汝が鳴けば我が佐保川の思ほゆらくに
かなおうのうみの かはらのちどり ながなけば わがさほかはの おもほゆらくに
英語(ローマ字)OUNOUMINO KAHARANOCHIDORI NAGANAKEBA WAGASAHOKAHANO OMOHOYURAKUNI
意宇の海の河原の千鳥よ。お前が鳴けば故郷の佐保川が思い出される。
左注
校異
用語雑歌、作者:門部王、羈旅、望郷、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました