万葉集 第3巻 338番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻338番歌はこちらにまとめました。

第3巻 338番歌

第3巻
歌番号 338番歌
作者 大伴旅人
題詞 <大>宰帥大伴卿讃酒歌十三首
原文 験無 物乎不念者 一坏乃 濁酒乎 可飲有良師
訓読 験なきものを思はずは一杯の濁れる酒を飲むべくあるらし
かな しるしなき ものをおもはずは ひとつきの にごれるさけを のむべくあるらし
英語(ローマ字) SHIRUSHINAKI MONOWOOMOHAZUHA HITOTSUKINO NIGORERUSAKEWO NOMUBEKUARURASHI
あてのない先行きのこと等思わずに、この一杯の濁れる酒を飲む方がよい。
左注
校異 太 大 [類][古][紀]
用語 雑歌、作者:大伴旅人、讃酒、太宰府、奈良、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました