万葉集 第3巻 284番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻284番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 284番歌

第3巻
歌番号 284番歌
作者 春日倉老(春日老)
題詞 春日蔵首老歌一首
原文 焼津邊 吾去鹿齒 駿河奈流 阿倍乃市道尓 相之兒等羽裳
訓読 焼津辺に我が行きしかば駿河なる阿倍の市道に逢ひし子らはも
かな やきづへに わがゆきしかば するがなる あべのいちぢに あひしこらはも
英語(ローマ字) YAKIDUHENI WAGAYUKISHIKABA SURUGANARU ABENOICHIDINI AHISHIKORAHAMO
焼津の辺りに行ったとき、駿河の阿倍の市場の道で出合った娘たちは美しかったなあ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:春日老、羈旅、静岡、恋愛、地名
タイトルとURLをコピーしました