万葉集 第3巻 392番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻392番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 392番歌

第3巻
歌番号 392番歌
作者 大伴百代
題詞 <大>宰大監大伴宿祢百代梅歌一首
原文 烏珠之 其夜乃梅乎 手忘而 不折来家里 思之物乎
訓読 ぬばたまのその夜の梅をた忘れて折らず来にけり思ひしものを
かな ぬばたまの そのよのうめを たわすれて をらずきにけり おもひしものを
英語(ローマ字) NUBATAMANO SONOYONOUMEWO TAWASURETE WORAZUKINIKERI OMOHISHIMONOWO
あの夜の梅の木を手折ろうと思っていたのに折り忘れて来てしまった。深く心に留めておいたのに、あーあ。
左注
校異 太 大 [紀][細]
用語 譬喩歌、作者:大伴百代、恋愛、枕詞、植物
タイトルとURLをコピーしました