万葉集 第3巻 352番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻352番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 352番歌

第3巻
歌番号 352番歌
作者 若湯座王
題詞 若湯座王歌一首
原文 葦邊波 鶴之哭鳴而 湖風 寒吹良武 津乎能埼羽毛
訓読 葦辺には鶴がね鳴きて港風寒く吹くらむ津乎の崎はも
かな あしへには たづがねなきて みなとかぜ さむくふくらむ つをのさきはも
英語(ローマ字) ASHIHENIHA TADUGANENAKITE MINATOKAZE SAMUKUFUKURAMU TSUWONOSAKIHAMO
葦辺では鶴が鳴いている。港の風は寒々と吹いているだろうな。ああ、ここ津乎(つを)の崎はよ。
左注
校異
用語 雑歌、作者:若湯座王、津乎、滋賀県、羈旅、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました