万葉集 第3巻 363番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻363番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 363番歌

第3巻
歌番号363番歌
作者山部赤人
題詞(山部宿祢赤人歌六首)或本歌曰
原文美沙居 荒礒尓生 名乗藻乃 <吉>名者告世 父母者知友
訓読みさご居る荒磯に生ふるなのりそのよし名は告らせ親は知るとも
かなみさごゐる ありそにおふる なのりその よしなはのらせ おやはしるとも
英語(ローマ字)MISAGOゐRU ARISONIOFURU NANORISONO YOSHINAHANORASE OYAHASHIRUTOMO
ミサゴがいる荒磯に生える名乗藻(なのりそ)というように、貴方の名を教えてくれませんか?たとえ親が知ったとしても。
左注
校異告 吉 [万葉集略解]
用語雑歌、作者:山部赤人、羈旅、異伝、動物、植物、序詞
タイトルとURLをコピーしました