万葉集 第3巻 453番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第3巻453番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第3巻 453番歌

第3巻
歌番号453番歌
作者大伴旅人
題詞(還入故郷家即作歌三首)
原文吾妹子之 殖之梅樹 毎見 情咽都追 涕之流
訓読我妹子が植ゑし梅の木見るごとに心咽せつつ涙し流る
かなわぎもこが うゑしうめのき みるごとに こころむせつつ なみたしながる
英語(ローマ字)WAGIMOKOGA UゑSHIUMENOKI MIRUGOTONI KOKOROMUSETSUTSU NAMITASHINAGARU
我が妻が植えた梅の木を見るたびに心にむせび泣いて涙が出てくる。
左注
校異
用語挽歌、作者:大伴旅人、亡妻挽歌、奈良、地名、植物、天平2年12月、年紀
タイトルとURLをコピーしました