万葉集 第4巻 484番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻484番歌はこちらにまとめました。

第4巻 484番歌

第4巻
歌番号 484番歌
作者 難波天皇妹
題詞 難波天皇妹奉上在山跡皇兄御歌一首
原文 一日社 人母待<吉> 長氣乎 如此<耳>待者 有不得勝
訓読 一日こそ人も待ちよき長き日をかくのみ待たば有りかつましじ
かな ひとひこそ ひともまちよき ながきけを かくのみまたば ありかつましじ
英語(ローマ字) HITOHIKOSO HITOMOMACHIYOKI NAGAKIKEWO KAKUNOMIMATABA ARIKATSUMASHIJI
一日なら待たされてもよろしいけれど、幾日も長く待たされてよいものでしょうか。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 告 吉 [元][紀][細] / 所 耳 [玉の小琴]
用語 相聞、作者:難波天皇妹、仁徳、孝徳、間人皇女、中大兄、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました