万葉集 第4巻 499番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻499番歌はこちらにまとめました。

第4巻 499番歌

第4巻
歌番号 499番歌
作者 柿本人麻呂
題詞 (柿本朝臣人麻呂歌四首)
原文 百重二物 来及毳常 念鴨 公之使乃 雖見不飽有<武>
訓読 百重にも来及かぬかもと思へかも君が使の見れど飽かずあらむ
かな ももへにも きしかぬかもと おもへかも きみがつかひの みれどあかずあらむ
英語(ローマ字) MOMOHENIMO KISHIKANUKAMOTO OMOHEKAMO KIMIGATSUKAHINO MIREDOAKAZUARAMU
毎日毎日今か今かと彼女からの使いじゃないかと待ちわびている。なので、使いの姿を見かけるたびに、ひょっとしてと胸が高まる。
左注
校異 哉 武 [桂][元][金][紀]
用語 相聞、作者:柿本人麻呂、恋情、使者
タイトルとURLをコピーしました