万葉集 第4巻 644番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻644番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 644番歌

第4巻
歌番号 644番歌
作者 紀小鹿(紀郎女)
題詞 (紀郎女怨恨歌三首 [鹿人大夫之女名曰小鹿也安貴王之妻也])
原文 今者吾羽 和備曽四二結類 氣乃緒尓 念師君乎 縦左<久>思者
訓読 今は我はわびぞしにける息の緒に思ひし君をゆるさく思へば
かな いまはわは わびぞしにける いきのをに おもひしきみを ゆるさくおもへば
英語(ローマ字) IMAHAWAHA WABIZOSHINIKERU IKINOWONI OMOHISHIKIMIWO YURUSAKUOMOHEBA
今の私は侘びしく心細い思いで暮らしています。長らくずっとあなたのことを思ってきたのに、あなたとの絆がほどけてあなたが離れていくと思うと。
左注
校異 <> 久 [元][金][紀]
用語 相聞、作者:紀郎女、怨恨、離別
タイトルとURLをコピーしました