万葉集 第4巻 643番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻643番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 643番歌

第4巻
歌番号 643番歌
作者 紀小鹿(紀郎女)
題詞 紀郎女怨恨歌三首 [鹿人大夫之女名曰小鹿也安貴王之妻也]
原文 世間之 女尓思有者 吾渡 痛背乃河乎 渡金目八
訓読 世の中の女にしあらば我が渡る痛背の川を渡りかねめや
かな よのなかの をみなにしあらば わがわたる あなせのかはを わたりかねめや
英語(ローマ字) YONONAKANO WOMINANISHIARABA WAGAWATARU ANASENOKAHAWO WATARIKANEMEYA
私が世間一般の普通の女性だったら巻向川を渡りかねるなんてことがありましょうか。
左注
校異 歌 [西] 謌
用語 相聞、作者:紀郎女、河渡り、怨恨
タイトルとURLをコピーしました