万葉集 第4巻 570番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻570番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 570番歌

第4巻
歌番号 570番歌
作者 麻田陽春
題詞 (<大>宰帥大伴卿被任大納言臨入京之時府官人等餞卿筑前國蘆城驛家歌四首)
原文 山跡邊 君之立日乃 近付者 野立鹿毛 動而曽鳴
訓読 大和へに君が発つ日の近づけば野に立つ鹿も響めてぞ鳴く
かな やまとへに きみがたつひの ちかづけば のにたつしかも とよめてぞなく
英語(ローマ字) YAMATOHENI KIMIGATATSUHINO CHIKADUKEBA NONITATSUSHIKAMO TOYOMETEZONAKU
あなた様が大和へとお発ちになる日が近づいてきて、野の鹿でさえ大声を張り上げて泣いてます。
左注 右二首大典麻田連陽春
校異
用語 相聞、作者:麻田陽春、大伴旅人、餞宴、恋情、送別、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました