万葉集 第4巻 571番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻571番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 571番歌

第4巻
歌番号 571番歌
作者 大伴四綱
題詞 (<大>宰帥大伴卿被任大納言臨入京之時府官人等餞卿筑前國蘆城驛家歌四首)
原文 月夜吉 河音清之 率此間 行毛不去毛 遊而将歸
訓読 月夜よし川の音清しいざここに行くも行かぬも遊びて行かむ
かな つくよよし かはのおときよし いざここに ゆくもゆかぬも あそびてゆかむ
英語(ローマ字) TSUKUYOYOSHI KAHANOOTOKIYOSHI IZAKOKONI YUKUMOYUKANUMO ASOBITEYUKAMU
月夜よし、川のせせらぎも清らかでございます。さあ、今宵は思いっきり遊んでお別れしようではありませんか。
左注 右一首防人佑大伴四綱
校異
用語 相聞、作者:大伴四綱、大伴旅人、餞宴、送別、福岡、地名
タイトルとURLをコピーしました