万葉集 第4巻 707番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻707番歌はこちらにまとめました。

第4巻 707番歌

第4巻
歌番号 707番歌
作者 粟田女娘子
題詞 粟田<女>娘子贈大伴宿祢家持歌二首
原文 思遣 為便乃不知者 片h之 底曽吾者 戀成尓家類 <[注土h之中]>
訓読 思ひ遣るすべの知らねば片もひの底にぞ我れは恋ひ成りにける <[注土h之中]>
かな おもひやる すべのしらねば かたもひの そこにぞあれは こひなりにける
英語(ローマ字) OMOHIYARU SUBENOSHIRANEBA KATAMOHINO SOKONIZOAREHA KOHINARINIKERU
思いを取り払う術を知らない私、器の底に沈んで片思いのまま恋しています。
左注
校異 <> 女 [元][紀][古] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 注土h之中 [桂][元]
用語 相聞、作者:粟田女娘子、大伴家持、恋情、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました