万葉集 第4巻 617番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻617番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 617番歌

第4巻
歌番号 617番歌
作者 山口女王
題詞 (山口女王贈大伴宿祢家持歌五首)
原文 従蘆邊 満来塩乃 弥益荷 念歟君之 忘金鶴
訓読 葦辺より満ち来る潮のいや増しに思へか君が忘れかねつる
かな あしへより みちくるしほの いやましに おもへかきみが わすれかねつる
英語(ローマ字) ASHIHEYORI MICHIKURUSHIHONO IYAMASHINI OMOHEKAKIMIGA WASUREKANETSURU
葦の生えた岸辺に潮がじわじわと満ちて来るように、あなたへの思いが増してきて忘れられません。
左注
校異
用語 相聞、作者:山口女王、大伴家持、恋情、贈答、序詞
タイトルとURLをコピーしました