万葉集 第4巻 587番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻587番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 587番歌

第4巻
歌番号587番歌
作者笠郎女(笠女郎)
題詞笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首
原文吾形見 々管之努波世 荒珠 年之緒長 吾毛将思
訓読我が形見見つつ偲はせあらたまの年の緒長く我れも偲はむ
かなわがかたみ みつつしのはせ あらたまの としのをながく われもしのはむ
英語(ローマ字)WAGAKATAMI MITSUTSUSHINOHASE ARATAMANO TOSHINOWONAGAKU WAREMOSHINOHAMU
私が差し上げた品を私だと思って忘れないで下さいませ。私も長らくずっとあなた様をしのんでいきます。
左注
校異歌 [西] 謌
用語相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答、枕詞
タイトルとURLをコピーしました