万葉集 第4巻 678番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻678番歌はこちらにまとめました。

第4巻 678番歌

第4巻
歌番号 678番歌
作者 中臣女郎
題詞 (中臣女郎贈大伴宿祢家持歌五首)
原文 直相而 見而者耳社 霊剋 命向 吾戀止眼
訓読 直に逢ひて見てばのみこそたまきはる命に向ふ我が恋やまめ
かな ただにあひて みてばのみこそ たまきはる いのちにむかふ あがこひやまめ
英語(ローマ字) TADANIAHITE MITEBANOMIKOSO TAMAKIHARU INOCHINIMUKAFU AGAKOHIYAMAME
直接お逢いしてこそ、命がけのこの恋やむかもしれませんが、それまでこの恋決しておさまりません。
左注
校異
用語 相聞、作者:中臣女郎、大伴家持、枕詞、贈答
タイトルとURLをコピーしました