万葉集 第4巻 782番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻782番歌はこちらにまとめました。

第4巻 782番歌

第4巻
歌番号 782番歌
作者 紀小鹿(紀女郎)
題詞 紀女郎L物贈友歌一首 [女郎名曰小鹿也]
原文 風高 邊者雖吹 為妹 袖左倍所<沾>而 苅流玉藻焉
訓読 風高く辺には吹けども妹がため袖さへ濡れて刈れる玉藻ぞ
かな かぜたかく へにはふけども いもがため そでさへぬれて かれるたまもぞ
英語(ローマ字) KAZETAKAKU HENIHAFUKEDOMO IMOGATAME SODESAHENURETE KARERUTAMAMOZO
頭上高く海辺に風が吹きすさぶ日でしたが、(この袋に入っているのは)あなたのために着物の袖さえ濡らして刈り取った玉藻ですよ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 沽 沾 [元][紀]
用語 相聞、作者:紀女郎、贈り物、植物
タイトルとURLをコピーしました