万葉集 第4巻 505番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻505番歌はこちらにまとめました。

第4巻 505番歌

第4巻
歌番号 505番歌
作者 阿倍女郎(安倍女郎)
題詞 安倍女郎歌二首
原文 今更 何乎可将念 打靡 情者君尓 縁尓之物乎
訓読 今さらに何をか思はむうち靡き心は君に寄りにしものを
かな いまさらに なにをかおもはむ うちなびき こころはきみに よりにしものを
英語(ローマ字) IMASARANI NANIWOKAOMOHAMU UCHINABIKI KOKOROHAKIMINI YORINISHIMONOWO
今さら何を思い悩むことがありましょう。この私はあなた様にすっかりなびいていますのに。
左注
校異
用語 相聞、作者:安倍女郎、恋情
タイトルとURLをコピーしました