万葉集 第4巻 652番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻652番歌はこちらにまとめました。

第4巻 652番歌

第4巻
歌番号 652番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女歌二首)
原文 玉主尓 珠者授而 勝且毛 枕与吾者 率二将宿
訓読 玉守に玉は授けてかつがつも枕と我れはいざふたり寝む
かな たまもりに たまはさづけて かつがつも まくらとわれは いざふたりねむ
英語(ローマ字) TAMAMORINI TAMAHASADUKETE KATSUGATSUMO MAKURATOWAREHA IZAFUTARINEMU
娘は夫に任せて、私は枕と共にゆっくり寝るとしよう。
左注
校異
用語 相聞、作者:坂上郎女、比喩、諦念
タイトルとURLをコピーしました