万葉集 第4巻 653番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻653番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 653番歌

第4巻
歌番号 653番歌
作者 大伴駿河麻呂
題詞 大伴宿祢駿河麻呂歌三首
原文 情者 不忘物乎 <儻> 不見日數多 月曽經去来
訓読 心には忘れぬものをたまさかに見ぬ日さまねく月ぞ経にける
かな こころには わすれぬものを たまさかに みぬひさまねく つきぞへにける
英語(ローマ字) KOKORONIHA WASURENUMONOWO TAMASAKANI MINUHISAMANEKU TSUKIZOHENIKERU
決してあなたを忘れることはありません。たまたまお逢いできない日々が続き、もう一ヶ月にもなりました。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 儻 [西(訂正)][元][紀]
用語 相聞、作者:大伴駿河麻呂、弁解
タイトルとURLをコピーしました