万葉集 第4巻 750番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻750番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 750番歌

第4巻
歌番号750番歌
作者大伴家持
題詞(更大伴宿祢家持贈坂上大嬢歌十五首)
原文念絶 和備西物尾 中々<荷> 奈何辛苦 相見始兼
訓読思ひ絶えわびにしものを中々に何か苦しく相見そめけむ
かなおもひたえ わびにしものを なかなかに なにかくるしく あひみそめけむ
英語(ローマ字)OMOHITAE WABINISHIMONOWO NAKANAKANI NANIKAKURUSHIKU AHIMISOMEKEMU
いったんは思いを断ち切ってわびしい気持に耐えていたのに、かえって何でまた苦しさが増すのだろう。こうして逢い始めたというのに。
左注
校異尓 荷 [桂][紀]
用語相聞、作者:大伴家持、坂上大嬢、怨恨、後悔、恋情
タイトルとURLをコピーしました