万葉集 第4巻 724番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻724番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 724番歌

第4巻
歌番号 724番歌
作者 坂上郎女
題詞 (大伴坂上郎女従跡見庄<賜>留宅女子大嬢歌一首[并短歌])反歌
原文 朝髪之 念乱而 如是許 名姉之戀曽 夢尓所見家留
訓読 朝髪の思ひ乱れてかくばかり汝姉が恋ふれぞ夢に見えける
かな あさかみの おもひみだれて かくばかり なねがこふれぞ いめにみえける
英語(ローマ字) ASAKAMINO OMOHIMIDARETE KAKUBAKARI NANEGAKOFUREZO IMENIMIEKERU
朝起きの髪の毛のように心が乱れるからなのか、おねえ(大嬢)がしきりに恋しがるからか、お前が夢に出てくる。
左注 右歌報賜大嬢進歌也
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 右歌 [西] 右謌 [西(訂正)] 右歌 / 進歌 [西] 進謌 [西(訂正)] 進歌
用語 相聞、作者:坂上郎女、坂上大嬢、愛情、夢、枕詞、桜井
タイトルとURLをコピーしました