万葉集 第4巻 606番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第4巻606番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第4巻 606番歌

第4巻
歌番号 606番歌
作者 笠郎女(笠女郎)
題詞 (笠女郎贈大伴宿祢家持歌廿四首)
原文 吾毛念 人毛莫忘 多奈和丹 浦吹風之 止時無有
訓読 我れも思ふ人もな忘れおほなわに浦吹く風のやむ時もなし
かな われもおもふ ひともなわすれ おほなわに うらふくかぜの やむときもなし
英語(ローマ字) WAREMOOMOFU HITOMONAWASURE OHONAWANI URAFUKUKAZENO YAMUTOKIMONASHI
私はあなたを決して忘れることはありません。あなた様も私のことを忘れないで下さい。タナワニ海岸にいつも吹いている風のように忘れないで下さい。
左注
校異
用語 相聞、作者:笠女郎、大伴家持、恋情、贈答
タイトルとURLをコピーしました